So-net無料ブログ作成

中野区 四川風家庭料理 小川亭 再訪 [日記]

チビ君の2歳のお誕生日を祝い、娘夫婦と両家の親が集まり、小川亭を再訪しました。

おまかせで事前に組み立てていただいたコースのメニューはこちら

------------------------

■大甘エビの紹興酒漬け

■鯛の刺身とピータン・香菜のサラダ

■干し帆立とササミのお粥風スープ

■大きな鯛の丸ごと一匹の蒸し物

■スペアリブの東坡肉

■牡蠣入り麻婆豆腐

■中華風カニあんの茶碗蒸し

■手作り苺シャーベット

------------------------

話に夢中になり、ほとんど写真を撮れなかったので、感想だけでも。

■大甘エビの紹興酒漬け

大きなエビ丸ごとの紹興酒漬け。

漬け込む液の材料代だけでもかなりかかると思います。

大きな海老なのに、頭から食べられるほど柔らかくて、おいしかった。 

■鯛の刺身とピータン・香菜のサラダ

ピータンを初めて食べたのですが、おいしいですね!

淡白な鯛と香草・ナッツやクコの実・あげたワンタンの皮等々とあえて特製のドレッシングでいただくのですが、ピータンがまろやかで、サラダ全体がとてもおいしかったです。

■干し帆立とササミのお粥風スープ

チビ君にもサービスしていただき、みんなでいただきました。

しみじみ優しいいいお味。

■大きな鯛の丸ごと一匹の蒸し物

これは、誕生日祝いだから用意してくださったものと思います。

大皿に、大きな鯛の蒸し物がどーんと乗っていて、その上に白髪ネギたっぷり。

食べる前に、熱い油をジュッとかけてくださって、香ばしい。

■スペアリブの東坡肉

これは、目からウロコの東坡肉。

まったく脂っこくなく、骨離れもよく、甘すぎずいい香りの東坡肉

作るのにとても時間がかかるのものだそうです。

予約だから作ってもらえましたが、普段はたまたま作った時しかメニューにないそうです。

■牡蠣入り麻婆豆腐

前回お邪魔した時は、普通の麻婆豆腐をいただきましたが、牡蠣入りもとてもおいしい。

白いご飯をつけていただき、かけて食べました。

しめのごはんに最高。

■中華風カニあんの茶碗蒸し

中華のラストは、スープなんだそうです。

そのスープ代わりの茶碗蒸し。

鶏のスープで作った茶碗蒸しに、優しい味のカニあんがかかり。

麻婆豆腐のスパイシーな辛みの残る口に、するする入ります。

■手作り苺シャーベット

これは、もう絶品のシャーベットでした!

もちろん手作りだそうです。

シャーベットでこんなにおいしかったのねと感激しました。

淹れていただいた温かいプーアル茶とも合います。


 

3時間以上飲んだり食べたりしましたが、1人4,900円くらいでした。

ちょっと採算合わないのではないかと思うような豪華な内容です。

チビ君も終始機嫌よく、行きも帰りも元気でした。


 

そして、前回も思ったのですが、小川亭さんの料理を食べると元気になりますね(^_^)

実際、こんなに食べたのに、胃にもたれず、体すっきり。

なんと今朝体重を計ったら、変わっていませんでした!

外食していっぱい食べたら、1キロ以上増えちゃうのが常なのに。

娘も同じことを言っていました。


 

中華料理にありがちな化学調味料が一切使われていないこと。

手間暇かけて、丁寧に作っていただいているその料理法のおかげでしょうか。

元気になる四川風家庭料理。

感謝の一日でした。


 

鯛の姿蒸しで残った頭や骨は、タッパーに入れて帰りました。

もともと食べきれなかったら、持って帰っていいですよと言われて用意してましたが。

残ったのは、鯛のあら部分だけでした(;^ω^)

今日のお昼、土鍋で鯛めしを炊きました。

最後の最後まで、おいしかったー! 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中野区 バッハと四川風家庭料理 「小川亭」 [日記]

友達から「おいしいからぜひ!」と言われていた小川亭にうかがいました。
IMG_4069.jpg

中野駅と東中野駅の中間くらい、閑静な住宅街。

表にご案内のプレートが出ていますが、一見普通のおしゃれなおうちのため、通りがかりの方は、入るのに躊躇するかもしれません。

実際、自宅から5くらいの立地なのに、ちょっと迷いました・・・それは方向音痴だから。。。

ドアを開けると、そこは広めの普通の玄関。

「こんにちはー」と言いつつ、「本当に入っていいのかな・・・」と心配に。

優しい奥様にご案内されて入った先は、20畳くらい?の素敵なリビング。

IMG_4058.jpg

ご主人が設計されたという吹き抜けのあるおしゃれな空間に、バッハが流れます。

大小のテーブルが4つ。

通常は、1520人くらい入れる感じでしょうか?

まず、すぐたべられる蜆の醤油漬けとノンアルコールビールで乾杯。

IMG_4033.jpg

貝なのにトロッとしてます。


低温殺菌してからお酒につけて、その後ニンニク醤油につけているそうで、この低温殺菌がいいのかな。
蜆を普通に煮るともっとカチカチになっちゃいますね。

IMG_4036.jpg

水餃子  こちらはあっさり 大ぶり 手作りラー油が辛すぎずとてもおいしい。

薄味ですが、安心できる味。

蜆の醤油漬けが、ちょっとしょっぱめだったので、嬉しい。
後の料理が期待できます。

IMG_4038.jpg

春巻 かりっつと中はトロッとでも脂っこくなくおいしい。
こちらは、酢醤油と辛子で。

IMG_4041.jpg


シュウマイ 大ぶり いい材料でシンプルに味付けした おいしいシュウマイ。
ちび君にぜひ食べさせたいなぁ。
IMG_4054.jpg
大ぶりのエビとホタテと菜の花の塩いため。
ホタテが水っぽくなくやわらかいけどしっかりしていておいしい。IMG_4055.jpg

燻製鶏のから揚げ。

 実に美味しい!茶箱で作った自家製の 燻製装置で燻製にしてからからあげにするそうです。

皮パリパリ。中はしっとり。
北京ダックよりずっと好き。
山椒塩をつけ、ゆずを絞って手でいただきます。

IMG_4057.jpg



最後に四川麻婆豆腐とごはん、チャーハンを頼んでしめに。

IMG_4063.jpg


さすが、四川辛いです。
でもおいしい。
チャーハンも脂っこくないのに、ぱらっとしていて軽く、でもおいしい。

IMG_4065.jpg


海苔の入ったスープも優しい味。

満足。まんぞくー。

穏やかで優しいご夫婦で、
「今日、結婚記念日なんです」とお話ししたら、ご夫婦は昨日が記念日で、同じくらいの年代のため、ひとしきりその頃の話に花が咲きました。

アットホームで、リーズナブル。

あれこれ頼んで、ゆっくり飲んで食べて一人4000円くらいでした。


とってもおいしく、なによりヘルシー。
普通中華というと脂っこく重い感じがしますが、まったくそんな感じのしない、私にとって目からウロコのお店でした。

豪華絢爛おなかいっぱいの「中華料理」とは違う、タイトル通り「四川風家庭料理」。

幸せな気持ちさせられました。

何より、普通外食するとなんだか疲れて、もううちでも休みたいモードなるのに、帰宅してから元気に掃除とかしちゃった自分。


ご主人と奥様のお二人でやっておられる小川亭。
住所はこちらです。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

小川亭

東京都中野区中野1-19-13

営業時間 12:0012:30(L.O.14;00)

              17:3022:00(L.O.21;00)
電話:03-3369-0734

定休日:毎週月・火曜日
ーーーーーーーーーーーーーーーー


バッハは、ドイツ語で「小川」のことだそうで、それにちなんで「小川亭」だそうです。
途中、夫が昔好きでよく引いていた曲が流れ、さらに思い出話に花が咲いた時間でした。
ごちそうさまでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

じじとチビくん おそろい キーホルダー [日記]

60歳の夫と1歳のチビ君のおそろい。
image-20140727121758.png
テニスボールのついたキーホルダー。
image-20140727121805.png
もともとは、赤い根付のキーホルダーを、夫はお財布に。
image-20140727121812.png
チビ君はチェーンに変えて、リュックに。

早く一緒にテニスができるようになるといいね。

これ、結構かわいいです。
テニスボールの他にも、バスケットボールとかいろいろあります。
上達祈願つき。神社から届きます。
http://www.sirasaki.com/


コメダ珈琲 戸田公園店 [日記]

煮詰まって来ると、朝寄って来ます。

image-20140702073312.png
店員さんの対応がとてもいい。
穏やかで、コーヒー1つ置くのも、丁寧にゆっくり静かにおいてくれる。
置き終わるまで、ちゃんとカップを見ているのがわかる。

座った時から、あれこれ思考しているから、この空間を大事にしてくれる感じがとても好き。

他社に電話して、穏やかで丁寧な応答をされると、その会社全体の印象がよくなりますが、
コメダ珈琲戸田公園店も、店員さんたちの教育が行き届いているって思います。


トウモロコシを圧力鍋で蒸す [日記]

生活クラブの配達でトウモロコシが届いた。

夜中に帰ってきたのに、台所で蒸してすぐムシャムシャ食べてしまいました。
image-20140705212726.png
初物です。嬉しい。

トウモロコシを圧力鍋で蒸す方法は、こちらです→「とうもろこしを圧力鍋で蒸す

とうもろこしをパクパク頬張りながら、あれこれ考える。
入院したので、ちょっと立ち止まって考える機会があったわけで・・・。
会社の業務改革・・・普段どの仕事をしていても、あれこれ広げて考えていることをどんどん止めれば、きっと仕事はスリムになるんだと思う。
でもそれでいいのか・・・会社の未来はあるのかって思う。

とにかく、いい仕事がしたいなぁ。


萩焼のコーヒーカップ [日記]

先日の潮干狩りの際、帰りに三井アウトレットモールに寄りました。
お土産に「たち吉」にてペアコーヒーカップを購入。

柔らかい乳白色で、とっても温かい淡雪のような色合い。
少し小ぶりで、夫とごはんの後のコーヒーの飲むのにちょうどいい大きさです。
image-20140629175551.png
萩焼というと、糸底がカットされていると思いましたが、これはカットされていません。

学生の頃、夫と初めて旅行したのが、萩でした。
仕送りしてもらって生活する貧乏学生でしたから、どこにも止まらず車中泊。
(翌日あちこち、イテテテ・・・でした。)

萩焼の直売店で、B級品(と言っても、ほんの少し色合いが違ったり、形が違ったり)の中から、一生懸命いいのを探して買って帰りました。

残念なことに、35年の生活の中で、1つも残っていません。

今では、コーヒーカップくらいは悩まなくても買えるようになりましたが、あの頃は、手にした一つ一つがすごく嬉しかったし、世の中は小さな幸せで満ちていると思いました(^_^)

萩のお城は「指月城」と呼ばれ、その名前の喫茶店に入ったのですが、椅子に座ってもだれも出てこなくて、何てのんびりしたところかしら・・・って思いましたね。

そう言えば、萩の後、津和野に寄り、安野光雅さんの絵本に初めて出会ったのもこの旅でした。


アサリのコンソメスープスパゲッティ [日記]

お昼は、アサリのコンソメスープスパゲティ。
image-20140629174949.png
先の蒸しアサリに玉ねぎ、人参・水を加え、コンソメ加えて、ローリエを半分に折って、さっと煮込みます。
塩・こしょうで味を整えます。

スープスパゲッティに使う場合、ビオラママ家は薄口醤油を少し足してます。
お醤油のアミノ酸が、スープのうまみを増します。

細めのパスタがあいますね。
パセリか青紫蘇を散らして出来上がり。
image-20140629175015.png
おいしいです(^_^)

熱々のごはんに、かけても美味。

木更津 潮干狩り [日記]

7年前に会社創設以来、社員・パートさんやその子供たちと一緒に、
ボウリング大会・バーベキュー・忘年会・・・と、やってきましたが。

今回は、遠出して潮干狩りです。
場所は、木更津。貸し切りバスで、アクアラインを通り、到着。
image-20140629152704.png
暗澹たる厚い雲で、1日雨天予報のこの日。
心配しましたが、潮干狩り場では、ほとんど降らず、「日頃の行いがよかったねー」

潮干狩りなんて、子供たちが小さい時以来ですが、「楽しい!♪」
暑からず寒からず、穏やかな潮風に吹かれ、無心に砂を掘りました。

近くのホテル竜宮城で、お昼ご飯の後、温泉。
パートさんたちは、子供たちとプール。

計画やら、とりまとめやら、社長と幹事Mさんのおかげで、本当に楽しかったです。

持って帰った貝です。
アサリの中に、ちらほらハマグリとシジミ(^_^)
海水より少し薄めの塩水に一晩浸けて砂抜きします。
結構ぴゅーぴゅーの水を吹くので、必ずふたが必要。
でないと、周りがびしょびしょになります。
(別の鍋に浅目に水を貼り、昆布を1枚浸けておきます。)
 iphone/image-20140629172543.png
翌朝、流水の下、ごしごし殻どうしをこすって洗います。
口が開いてしまっているのは、死んでいるので取り除きます。
昨夜の昆布の鍋から昆布を取り除き、強火。
沸騰したら、貝を入れ、ふたをして蒸し煮します。
(圧力鍋でもいいですが、圧力がかけません。火を通し過ぎると固くなりますね。)
image-20140629152738.png
時々、上下を返して、全体に火が回るようにします。
すっかり、貝の口があいたら出来上がり。
image-20140629152833.png
身がぷっくり、おいしそうです。
こうしておけば、後はお味噌汁にしたり、あれこれ使えます。

image-20140629152850.png
朝ごはんのお味噌汁。
すごく濃い出汁が出ていて、結構水で薄めないといけないくらい。
おいしかった!(^^)!

退院しました [日記]

無事退院しました。
image-20140626214922.png
入院時、ジャージャー麺がおいしかったので、早速お昼に作りました。

おいしいごま油を熱し、にんにくのみじん切りを香りがでるまでいためたら、豚ひきとたっぷりの椎茸と竹の子のみじん切り。
甜麺醤・オイスターソース・豆板醤を適宜加え、しょうゆ・酒・砂糖・塩・こしょうで調整。
ゆでたての麺に、レタス・細めのもやし・きゅうり・ブロッコリーのスプラウト。

おうちだと、食べすぎちゃうんですよね。
絶対適量以上だわ。


サイフを落としました [日記]

1か月ほど前。

どこで、どんな仕草で落としたか、すぐ思い当たったので、飛んで行って探しましたが、もうすでに影も形も(+_+)

お金もさることながら、カード・保険証・免許証・・・その後の手続きに忙殺されました。
母と一緒に買ったいいお財布だったのに・・・。

本当に、あほだ・・・。

銀行カードが再発行され、最初に買ったのが、お財布。
そして、それにつける鈴。
お財布に鈴をつけるなんて、おばさんくさい(充分以上におばさんだけど)から、やだと思っていたけど、そんなこと言ってられません。
image-20140619001910.png

金運のまねき猫型鈴。

届いてびっくり、自作するキットでした。
完成するのに、1時間。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。